販売ページ作成編

販売ページ作成

 

次は、「販売ページ」を作ります。

これは、「自社商品」を扱う方限定の工程なので、他人の商品を扱うアフィリエイトを実践する場合は、不要です。

アフィリエイトでは既に販売ページは用意されている為、メルマガ内で商品リンクを貼り付けて紹介すれば良いので。

とは言えアフィリエイト実践者も、いずれは自社商品を売りたくなる時が来るかもしれません。

その為、この「販売ページの書き方」は知っておいて損はないでしょう。

売れる商品名の特徴と決め方

 

ビジネスにおいて、「商品名」は超重要です。

需要あるジャンルであれば、確実に「類似商品を扱う膨大なライバル」が居ます。

その為、ありきたりな商品名や、英語などでカッコつけすぎて内容が理解しにくい商品名だと、ターゲットに響かず売れません。

また、この様な商品名を付けてしまうと大抵、「自分より実績の高いライバル」や、「その業界の大手企業」に負けます。

結果、類似商品を扱うライバルにお客を持って行かれてしまうのです。

しかし商品名を魅力的なものに変えることで、「今まで売れなかった商品がバコバコ売れる事例」も、沢山あります。

因みに、僕はバイクに乗るので冬場とかは、「ヒートテック的なインナー」が欠かせないのですね。

ある時ドン・キホーテに行くと、無数にあるヒートテック的なインナーのコーナーの中で、

「まるで毛布!裏ボアインナー」
(正式名称は忘れました)

というキャッチコピーの商品が目に留まりました。

触ってみると、確かに「毛布」という温かさで、即購入しました。

この様に、

「商品の特徴が一発で分かる
魅力的なキャッチコピー」

を作ると、膨大にある類似商品と差別化し、「選ばれる商品」になるのです。

その為、あなたが自社商品を扱う場合は、

  • 商品名の特徴が分かり易い魅力的なキャッチコピー
  • 類似商品を扱うライバルと差別化できるもの

以下の要素を含めた、「魅力的なキャッチコピー」で商品名を決めて下さい。

売れる販売ページの構成

 

売れる販売ページの構成は、「以下」の通りです。

・ヘッドコピー
・問題提起
・解決策
・具体的な自己紹介&経歴&実績
・解決策&証拠を1つ1つ掲示
・商品内容
・価格、決済ボタン、決済方法
・簡潔なプロフィール
・Q&A
・追伸
・価格、決済ボタン、決済方法

ヘッドコピー

 

まずは、「ヘッドコピー」です。

これは、「ターゲット設定編」、「キャッチコピー編」で決めた要素を基に、「キャッチコピー編」で作ったものを使用します。

この際は、メルマガ登録ページで使用したヘッドコピーと、似た構成になるでしょう。

ただし、メルマガ登録ページではあくまで「情報提供」という意識で表現します。

ここで「売り込み臭」(セールス臭い)を出すと、メルマガ登録をして貰えにくくなりますからね。

しかし、この販売ページのヘッドコピーはセールス用のページなので、もっと「明確」に表現した方が良いです。

そうしなければ、訪れた見込み客の購買意欲を刺激できませんから。

このヘッドコピーでは、「以下の要素」を明確に入れたキャッチコピーを作って下さい。

・誰がターゲットなのか?
・購入してどうなれるのか?
・同ジャンルのライバルとの差別化は?

まあこれらは、メルマガ登録ページを作る段階である程度は固まっている筈なので、それを「見込み客の購買意欲をそそる表現」で作成しましょう。

問題提起

 

次は、「問題提起」です。

これに関しては、メルマガ登録ページで作成したものと同じでOKです。

そのメルマガ登録ページで集めている時点で、ターゲットの抱える悩みは同じですから。

解決策

 

次は、「解決策」の掲示です。

これは、

「その商品を購入するとどうなれるのか?」

を箇条書きで1つ1つ掲示して下さい。

書き方は、「以下」の通りです。

・○○になれる
・○○ができる

具体的な自己紹介&経歴&実績紹介

 

次は、「具体的な自己紹介」&「経歴」&「実績紹介」です。

これは、後に行うプロフィールとは違い、

「この商品を作成した自分は
この様な人間&経歴&実績があり
あなたの悩みを解決できます!」

的なことを伝える目的で掲示するものです。

幾ら、先程の「解決策」(購入するメリット)を掲示しても、それのみでは【机上の空論】にしか思われません。

ここで「自分にはそれを解決できる」と、伝える必要があるのです。

新商品では難しいですが、既に「お客さまの声&成功実績」がある場合は、あわせて掲示して下さい。

解決策&証拠を1つ1つ掲示

 

次は、「解決策&証拠」を1つ1つ掲示します。

これは先程、箇条書きで掲示した「解決策」(購入後の未来)を、1つ1つ解説してそれを実現出来る証拠を掲示します。

簡単に言えば、箇条書きで伝えた解決策を1つ1つ「明確」に伝え証拠を掲示することで、より見込み客の購買意欲を上げる目的で行うものです。

人間は、出来るだけ無料で悩みを解決したいと思っています。

その為、「買わない理由」を自分で作りがちなんですよ。

よってここでは、解決策を1つ1つ解説してその証拠を伝えることで、「買わない理由を潰していく」という効果を生み出せます。

書き方としては、「以下」の通り。


【見出し】
「解決策」(○○できる)

【本文】

この商品を購入すれば(または実践すれば)、〇〇ができます(○○になれます)。

(その理由を解説)

(自分や購入者がそれを実現した証拠があれば掲示)


 

この様に、1つ1つ掲示しましょう。

ただしあまりに解決策の数が多い場合は、「最も求められそうなもの」を5~6個程ピックアップして掲示して下さい。

商品内容

 

次は、「商品内容」を掲示します。

商品内容を「箇条書き」で掲示して下さい。

価格、決済ボタン、決済方法

 

「商品価格」、「決済ボタン」、「決済方法」を掲示して下さい。

商品価格はいきなり伝えるのではなく、

「この商品には、
本来これだけの価値がある」
「自分からしかこの商品を買えない」
(類似商品を扱うライバルとの差別化
「この商品を開発・作成するまでに
これだけの時間、資金が掛かった」

これらを伝えた上で、最後に「価格」を発表して下さい。

そうすることで、「価格以上の価値」を感じて貰い、発表した価格を【安い】、もしくは【妥当な金額だ】と感じて貰える可能性が高まります。

このテクニックは、「高単価商品」(5万円以上)を扱う場合は、特に必須です。

書き方としては、「以下」の様になります。


 

この商品は、〇〇に悩み続け研究した僕だからこそ、開発できたものです。

はっきり言って、この要素(ターゲットの悩みなど)にのみフォーカスを当てた商品を作れるのは、この業界で僕だけでしょう。

実際、この商品は僕からしか購入できませんから。

そして、この商品は開発・作成に〇〇(時間)、そして〇〇(資金)が掛かりました。

(その内訳を解説)

つまり、この商品にはそれだけの時間・費用を掛けて生み出したものなのです。

とは言え、勿論あなたにそれだけの費用は求めません。

限界まで考え抜いた結果、「〇〇円」で提供することを決定しました。

(5万円以上の場合)この価格は、数字だけで見れば決して安い金額ではありません。

しかし、これは〇〇(ターゲットの悩み)に悩み続けた僕が研究し、開発・作成したものです。

それに至った時間、費用を考えると、妥当どころか安いとしか言いようが無いですね。

また、ここまで〇〇(ターゲットの悩み)に拘った商品は、他に見たことが無いです。

あなたが〇〇(ターゲットの悩み)を解消したい場合は、ぜひ購入をおすすめします。

お支払いプランは、「一括払い」、「分割払い」(最大12回まで)に対応しています。

決済方法は、「クレジットカード」、「銀行振り込み」となっています。

【決済ボタン】(一括払い)
【決済ボタン】「分割払い(6回払い・月々〇〇円×6)」

 


 

プロフィール

 

「プロフィール」を掲示して下さい。

ここでは、「簡潔なプロフィール」&「経歴」&「実績」を掲示するだけでOKです。

Q&A

 

「Q&A」を掲示して下さい。

これは、その商品の購入を考える人が「疑問」に思いそうなことを、思いつく限り事前に掲示しましょう。

例としては、「以下」の通り。


 

Q、初心者でも出来ますか?

A、初心者でも問題なく実践できます。

~~~だからです。(その理由を解説)

 


 

追伸

 

次は、「追伸」です。

ここでは、購入を悩む人の背中を押す、「最後の一押し」を意識してあなたの思いを伝えましょう。

書き方に決まりは無いですが、ここでは

「購入後の理想の未来」

にフォーカスを当てて背中を押すことで、不快なセールス感を匂わせることなく背中を押せます。

価格・決済ボタン・決済方法

 

「価格」・「決済ボタン」・「決済方法」を、再度掲示して下さい。

これは、先程作成したものの「コピペ」でOKです。